"クリーンガス"エネルギー供給源の開発に向け、大きく飛躍



新たな発見により、CO₂排出量ゼロ、ガス価格の大幅な引き下げを可能にして、世界的エネルギー危機の解消に貢献

各国のガス自給率を高め、炭素排出量の削減、安定供給の確保を実現する「KINETIC 7™

アブダビ(UAE)- News Direct - 2022年5月31日 - 破壊的なテクノロジーを持つ企業が本日、天然ガスに代わるエネルギーの供給源を提供すると同時に、二酸化炭素排出量をゼロに抑えながら現在の家庭用および業務用エネルギー価格の最大80%削減を可能にする、画期的な"クリーンガス"エネルギー源の開発に向け、大きな進展を遂げたことを確認しました。

温室効果ガスの排出を実質ゼロに抑えるカーボンニュートラルなクリーンガスによって、グローバル経済は常時、安価でクリーンなエネルギーの供給を受けられるようになります。重要なことは、各国がガスやエネルギーの安定供給を維持しながら、カーボンニュートラルなネットゼロ目標を達成できる点です。この発見は、生活費の高騰が深刻化し、インフレ率が40年来の高水準に達する中で、消費者や企業のエネルギー価格を大幅に抑制し、世界的なエネルギー危機を打開するために大きな役割を果たす可能性があります。

10年先を見据えた科学的な大発見は、アブダビに拠点を置く破壊的テクノロジー企業であるVoltage Enterprisesのチームによって成し遂げられました。Voltage Enterprisesは同じくアブダビを拠点に投資とテクノロジーインキュベータを行うAquarius Global社によって設立され、さらなるイノベーションや破壊的な新開発プロジェクトに取り組んでいます。

KINETIC 7™とコード名が付けられた科学的な大発見は、水だけをもとに、クリーンなガスエネルギーを安定的かつ効率的に供給できるようにするものです。水から水素ガスを生成すること自体は新しいことではないものの、KINETIC 7™では水素ガスよりもはるかに高度なユニークな分子を得ることができます。例えば、水素ガスは電解によって、純水(H2O)を水素(H2)と酸素の(O2)のガスに分解することによって得られます。しかし、この分子プロセスには膨大な量のエネルギーを要し、高圧貯蔵が必要な上に引火点が低いために、非常に不安定になります。

KINETIC 7™の特許技術は水を再構成して、帯電して常時酸化と摩擦を発生させる分子クラスターに変換します。これによって分子の効率を高め、振動を起こすことでクリーンなガスおよび燃焼を提供する非常に反応性の高いガスを生成します。

水素ガスとは違ってKINETIC 7™は不活性なため、安全で扱いやすく家庭用にも産業用にも供給することができます。何より重要なことは、KINETIC 7™を使用することで、現在に比べてガスや電力のコストを大幅に削減できることです。クリーンガスを生成するKINETIC 7™発電機は欧州の高い基準の下で製造されており、ガスの生成プロセスはEU承認とCE認証の両方を取得しています。

研究開発に8年以上の年月をかけて発見したKINETIC 7™により、各国および世界経済は他国に依存することなく、それぞれの主権の下でガスを保有できるだけでなく、家庭用と産業用のいずれの顧客に対してもカーボンニュートラルなガスを無尽蔵に供給できるようになり、グローバルにエネルギー安全保障を確保することができます。

折しも、ロシアによるウクライナ侵攻によって、世界のエネルギー市場は非常に不安定な状況に陥っており、ガス価格は急騰しています。EU各国のエネルギー担当相はここ数週間、EU域内の2億1,800万世帯に影響が及んでいるエネルギー危機対策に関して話し合いを重ねています。英国では4月初めに電気料金の54%増という記録的な上昇に直面し、今年10月には再度、料金の引き上げが予定されています。こうしたエネルギー危機はエンジニアリングや産業、メーカー企業にも深刻な打撃を与えており、ガス料金の高騰により工場の一部閉鎖や生産の縮小、出荷量の削減等を余儀なくされる企業も出るなど、さまざまな形でサプライチェーンに影響を及ぼしています。

エネルギー需要がかつてないほど高まっているところに、ウクライナ紛争、パンデミックからの回復を図る製造業や工業生産、さらに風力発電の国内への供給量が著しく低下するといった要因まで、あらゆる影響が一気に押し寄せてきた状況です。

Voltage Enterprisesの研究開発に資金を投じている投資インキュベーター企業Aquarius Globalの創設者兼取締役会長であるRick Parishは次のように述べています。

KINETIC 7™8年以上に及ぶ科学研究と技術イノベーション開発の成果であり、科学者やテクノロジーディスラプターからなる専門チームが全力を挙げてカーボンニュートラルで現在よりも安価で安定的かつ効率的に供給できるクリーンエネルギーの開発に取り組んできた結果、あらゆる意味で現状を打破するものだと言えます。

KINETIC 7™は世界のエネルギー市場を一変させます。かつての石油ブームがそうであったように、Voltage Enterprisesを通じてエネルギー分野の革新と開発、破壊をもたらそうとしている私たちのテクノロジーとサイエンスは、エネルギー業界において間違いなく世界初の、まさに画期的な発見と言えます!

各国政府はエネルギーを安定的に確保するための新たな選択肢を懸命に検討しています。シェールガスもその1つではあるものの、環境や人々の健康に大きなダメージを与えるだけでなく、採掘によって地震を引き起こすことが明らかになるなど、大いに物議を醸しています。その他の選択肢として、イランからの天然ガスの輸入や原子力発電所の増設なども挙げられますが、いずれも大きなリスクを伴い、イランに対する地政学的制裁、米国の石油・ガス禁輸、原子力発電所の建設にかかる膨大なコストなど、それぞれに重大な問題をはらんでいます。英国の原子力発電所Sizewell Cのために納税者が負担するコストは200億ポンドに上り、その額はさらに増加すると予想されています。原子力発電所の建設は平均10年程度を要する上、原子力発電については長年、安全に対する懸念や健康に関する問題などが解消されないままになっています。

この点について、Rick Parishはさらに次のように述べています。

「すでに家庭で利用されるようになっている太陽光発電同様、KINETIC 7™によって、世帯ごとに水と少量の電力を使用して独自にクリーンエネルギーを生成できるようになります。このクリーンガスは最小限のコストで生成することができます。KINETIC 7™の発電装置は一般の住宅に据え付けられるようになり、プラグアンドプレイ(電源を入れるとすぐに使用できる)製品は少量のAC/DC電力と水を使用して、各家庭で天然ガス/LPGと同様の恩恵が得られるようになり、高額の料金も、供給の停止も、急激な値上げもなくなります。各家庭は外壁ユニットを取り付けることで、キッチンのコンロやオーブン、温水システム、アンビエントヒーティング、床暖房などに使用することができます。」

KINETIC 7™は炭素排出量ゼロのクリーンガスを供給する代替可能なエネルギー源の提供における大きな飛躍を意味します。KINETIC 7™には今後、3つの方法で活用することができます。

  • KINETIC 7™フレームは家庭用の室内暖房や料理用、給湯用の電力に使用することができます。
  • KINETIC 7™ガスも、産業生産向けのクリーンエネルギーの供給において重要な役割を担います。大規模な製造、エンジニアリング、工業施設はいずれも、生産や製造の工程で膨大な量のエネルギーに依存しています。食品製造やレストラン、ホテル等もガスをはじめとするエネルギーを大量に消費する業界であり、KINETIC 7™はこうした業界向けに、カーボンニュートラルで、しかも既存の天然ガスに比べてはるかに安い、クリーンで効率性の高いエネルギーを供給できるようになります。
  • KINETIC 7™はガスや電気のない遠隔地や開発途上国において、暖房や携帯用コンロでの調理に利用することもできます。

前出のRick Parishは次のように述べています。

KINETIC 7™ で私たちは世界で初めて、家庭で利用可能なクリーンガスの商用化を可能にしました。KINETIC 7™は同時に産業用やメーカーの大規模生産施設にも水から生成されるカーボンニュートラルなクリーンエネルギーを供給することができます。当社の推計では、KINETIC 7™は既存のエネルギー料金に比べて80%安い料金で提供することが可能です。

これは世界的なガスエネルギー危機の解消に役立つだけでなく、このイノベーションによって各国及び世界経済はエネルギー業界の安定を維持できるようになり、コスト削減や安定供給の維持にもつながります。」

KINETIC 7™はアフリカ各国や開発途上国、あるいは戦禍にあって、インフラが整っていないためにクリーンエネルギーへのアクセスが阻害されたり制限されている国や地域へも料理用や暖房用の効率的なエネルギーをもたらすことができます。今後、当社は料理や暖房用にKINETIC 7™を小型化した携帯用調理・暖房用ストーブを製造し、浄水もしくは天然水を使用した低コストのエネルギーや暖房を提供して、何百万人の生活を向上していきます。

最終的に、先進国ではKINETIC 7™ガスは現行のエネルギープロバイダーよりも安い料金で提供できるようになります。KINETIC 7™はメンテナンスの手間がかからず、安全で効率的で各家庭のエネルギーコストを大幅に削減することができます。

AquariusのCEO、Rick Parishは、さらに次のように述べています。

「破壊的業界の投資インキュベーター企業として、Aquarius GlobalVoltage Enterprisesのような企業を支援して、エネルギー業界やヘルスケア業界におけるさまざまな破壊的技術やイノベーションの開発に取り組んできました。当社の目的は、科学やテクノロジーを破壊的な手法で活用する企業を支援し、人類や環境に恩恵をもたらすイノベーションの開発と提供を実現することです。現在、当社は二酸化炭素を回収することによってCO₂排出量を削減する画期的なプロジェクトに取り組む一方で、あらゆる用途に活用できる抗菌・免疫強化水の製造にも取り組んでいます。

Voltage Enterprisesは全社を挙げて、何百万という人たちにより良い暮らしをもたらすとともに、石油やガスの採掘によって引き起こされた環境破壊を食い止めて、後世にプラスの遺産を残すという信念の下で、技術と科学を用いたイノベーションやディスラプションに取り組んでいます。」

Voltage Enterprisesの創業者はいずれも、より良い世界に変えていくために積極的に慈善活動に取り組んでおり、KINETIC 7™によって全世界で得た利益の20%をアフリカ各国や無料のクリーンエネルギーを必要としている人たちのために寄付していく考えです。

現在、住宅内でKINETIC 7™を使って、料理用コンロ、給湯システム、室内暖房などを行う、"リアルワールド"での一連のR&Dトライアルが進行中です。またR&Dプログラムの一環として、複数の工場やエンジニアリングプラントでもテクノロジーを統合し、クリーンガスを商業用及び工業用のさまざまな用途に利用しています。

この先さらにR&Dトライアルを進めて完了した後、6~12カ月以内に、このテクノロジーとクリーンガスを一般家庭および商用施設に導入するためのプログラムの開始が想定されています。Voltage Enterprisesでは開発途上国に提供する予定の小型化した携帯用調理・暖房用ストーブの製造については、今後3カ月程度で開始されることを確認しています。

Voltage Enterprisesではこのクリーンガス技術の迅速な提供開始および普及を支援するグローバルなエネルギーパートナーも求めており、この先数カ月にさらなる発表を行う見通しです。

VOLTAGE ENTERPRISESについて
VOLTAGE ENTERPRISESについて
Voltage Enterprisesは2021年、アブダビ(UAE)でアブダビ・グローバルマーケット(ADGM)の下で設立された企業です。

同社はエネルギー、ヘルスケア、スマートメドテック(MedTech)の分野におけるテクノロジーおよび科学的ディスラプターとなるために、投資インキュベーター企業であるAquarius Globalとの提携によって設立されました。Aquarius Globalは石油・ガス、海洋およびオフショアエネルギーに関わる投資および権益を有しています。

Voltage Enterprisesは破壊的テクノロジーをけん引する有力な科学研究所の1つとも提携しており、抗酸化物質や独自技術、衛生殺菌、エコロジーソリューションを通じ、クリーンエネルギーやヒトの免疫システム、水処理、リストラクチャリングに関連した数々の画期的な特許ソリューションを生み出しています。

水や健康、化粧品業界向けにも画期的な独自製品の開発を行っており、設立初年度に再構成飲料水のUAE特許を取得したほか、これまでに複数の破壊的技術の特許を取得しています。

AQUARIUS GLOBAL について

Aquarius Globalは、2018年にアブダビ(UAE)でアブダビ・グローバルマーケット(ADGM)の下で設立された、プロプライエタリ投資インキュベーター企業です。

Aquarius Globalは破壊的テクノロジーのほか、科学および技術的な取り組み、教育トレーニングおよびマネジメント、ビジネスコンサルティングサービスへのビジネス投資を行っており、ヘルスケア、石油・ガス、航空をはじめとするさまざまな業界でコンサルティングを提供しています。

Aquariusは持ち株会社として、複数の業界エキスパートとパートナーシップを組んで、全世界に向けて多様な製品の販売・流通を促進しており、困難な時期において、重要な医療製品やPPEの調達と供給という重要な役割を果たし続けています。

SUMBER:

Voltage Enterprises

KATEGORI:

Energy

BACA DALAM:

English, English, Korean

DIPUBLIKASIKAN PADA:

31 May 2022

Siaran Pers Sebelumnya

#Energy : Oil and Gas #Environment : Sustainability

31 May 2022

Major Breakthrough in Search To Develop "Clean Gas" Energy Source

Hubungi Media OutReach hari ini

HUBUNGI KAMI SEKARANG