Bybit最高経営責任者(CEO)、ウォール街に暗号資産の受け入れを呼びかけ



ウォールストリートは暗号資産の導入を検討すべきであると提言

ヴィクトリア(セーシェル)- Media OutReach - 2022年10月3日 - ウェブトラフィック世界トップ3の暗号資産取引所Bybitの共同創業者兼CEOのBen Zhouは、従来の市場が暗号資産によって引き起こされる変化を受け入れることを呼びかけています。

今週、「Pantera Blockchain Summit Asia」で講演したZhouは、従来の金融機関と暗号資産の融合が進んでいると論じました。また、「インフラはすでに整っており、大手機関は暗号資産のリーダーとの対話を模索し、多方面で関わっています」とコメントしました。

一方、Zhouは「ウォール街は市場のイノベーションを真に受け入れ、意義ある存在であり続けるために、さらに多くのことができるはずだ」と指摘し、従来の金融サービス機関がNokiaと同じ運命をたどるリスクがあるとの懸念を示しました。

また、「ウォール街は暗号資産を受け入れることで、むしろ多くの利益を得ることができます」と付け加えました。

Zhouは、時代遅れになりつつあるビジネスモデルの中にイノベーションを取り込み、その結果、内部のプロセスや制約によってイノベーションが阻害され、窒息状態に陥っているウォール街の従来のアプローチについて言及しています。

「新しい金融サービスモデルは急速に進化しています。暗号資産は活気にあふれ、革新的で、勢いを増しています」と、Zhouは暗号資産の躍動を語りました。

また、人材の流出を例に挙げ、'ウォール街'がトップの座を失わないために、いかに暗号資産ビジネスに追いつく必要があるかを論じています。Zhouは、「急速に変化する環境、ハングリー精神、自由なイノベーションによって、暗号資産に優秀な人材が惹き付けられています」と述べています。

モデレーターのFranklin Bi氏は、自身がウォール街で働いていた時代を振り返り、新製品を市場に出すまでのプロセスについて触れ、Bybitでは2、3週間で完了するが、ウォール街では2、3年かかったと話しており、Zhou の言葉を裏付けました。

Zhouは2018年に数種の通貨ペアで暗号資産デリバティブ取引所としてBybitを共同設立しました。以来、Bybitは暗号資産全般に関するワンストップショップとして1,000万人強のユーザーを抱えるまでに成長しました。Zhouはこの功績を作れたのは暗号資産業界に共通する「やればできる」という姿勢が一因だと述べています。

Hashtag: #Bybit

Penerbit bertanggung jawab penuh atas isi pengumuman ini
Bybitについて
Bybitについて
Bybitは、2018年3月に設立された、世界有数の暗号資産取引所の一つです。超高速マッチングエンジンや充実したカスタマーサポートなど、暗号資産取引のビギナーから経験者まで幅広く、利便性の高いプラットフォームを提供しています。オンライン取引に加え、ステーキングやAPIなどのサービスも取り揃えており、世界600万人以上のお客様にご利用いただいています。Bybitは、レッドブル・レーシングをはじめ、NAVI、Alliance、Astralis、Virtus.proなどのeスポーツチーム、ドイツのサッカークラブのボルシア・ドルトムント、日本のサッカークラブであるアビスパ福岡のスポンサーを務めています。

詳細についてはBybitホームページをご覧ください:

最新の情報については、をご覧ください。










SUMBER:

Bybit

KATEGORI:

CryptoCurrencies

DIPUBLIKASIKAN PADA:

03 Oct 2022

Siaran Pers Sebelumnya

LEBIH LANJUT
#CryptoCurrencies #Business

28 November 2022

Bybit Announces $100 Million Support Fund for Institutional Clients

Hubungi Media OutReach hari ini

HUBUNGI KAMI SEKARANG