2022台湾ランタンフェスティバル、2月1日に高雄で開幕



台湾・高雄 - Media OutReach - 2022年1月28日 - 今年、高雄市は「2022台湾ランタンフェスティバル」の会場となり、通りや夜空が光で埋め尽くされます。今年のフェスティバルは伝統と最新のイノベーションの両面で、高雄を訪れる人々を魅了します。

 


2022台湾ランタンフェスティバルで高雄に灯されるメインランタン「鳳彩飛舞(鳳凰の舞)」

 

2月1日から28日間に渡って開催される今年のフェスティバルでは、伝統的な手法を使うランタン職人と最先端のアーティストとのコラボレーションという初のモデルが展開されます。


衛武営の国家文化芸術センターと愛河湾地区にまたがって繰り広げられるフェスティバルは、伝統的なランタンアートが新たな世代にどのように受け継がれるのか、訪れる人たちはインタラクティブな体験を通じて学ぶと同時に、高速、低遅延の5G技術による遠隔操作によるディスプレイをはじめとする最先端技術を活用した展示を目の当たりにすることができます。


台湾ランタンフェスティバルの由来


1990年から毎年開催されてきた台湾ランタンフェスティバルの起源は、旧暦の1月15日、旧正月の終わりを祝う元宵節に行われる伝統的行事です。何世紀にもわたり、中国の人たちは紙のランタンを手に闇の中を練り歩いて新年を祝ってきました。近年は当時よりもずっと手の込んだ大胆なデザインを凝らしたランタンが作られるようになっています。


今年、高雄はそれぞれ独自に解釈した光を追求しようとするアーティストの作品で彩られることになります。


フェスティバルの象徴となるメインランタン


イベントを代表するのは、ランタンデザイナーのBenson Lu(呂秉承)氏と著名な書道家Dong Yangzi(董陽孜)氏という異なるジャンルのアーティストのコラボレーションによる作品です。2人の協力で作成されたメインランタンは、不死鳥を意味する漢字の「鳳」に発想を得て、台湾固有のミカドキジが翼を広げ高山から飛び立とうとする姿が表現されています。


「鳳彩飛舞」のランタンが高雄を照らし、美しい光を通じて都市ガバナンスの行き届いた高雄市のメッセージを伝え、世界中に高雄を知らしめることになるでしょう。

 

2022台湾ランタンフェスティバル


フェスティバルに参加するアーティストおよび主催者は、高雄を訪れる人たちがほんのひとときでも、昨年1年間の大変さを忘れ、ここでしか味わえない雰囲気を心ゆくまで楽しんでほしいと願っています。


SUMBER:

Kaohsiung City Government

KATEGORI:

Event & Exhibition

BACA DALAM:

English

DIPUBLIKASIKAN PADA:

28 Jan 2022

Siaran Pers Sebelumnya

LEBIH LANJUT
#Event & Exhibition #Travel & Leisure

28 January 2022

2022 Taiwan Lantern Festival will be launched on 1st February in Kaohsiung

#Travel & Leisure #Lifestyle

20 January 2022

Taiwan Lantern Festival Returns to Kaohsiung, City of Light, in 2022

Hubungi Media OutReach hari ini

HUBUNGI KAMI SEKARANG