DFAアワード2022 受賞者発表 優れたデザイン哲学を持つ3人の開拓者たちと、 アジアを拠点に展開される傑出したプロジェクトに光を当てる。 世界のデザイントレンドをリードする2つの新しい視点



香港 - Media OutReach - 2022年10月26日 - 香港デザインセンター(HKDC)によって2003年に創設され、香港特別行政区政府が運営する「クリエイト香港」をリードスポンサーとするDFAアワード2022は、このほど世界的に影響力のある5部門のうち、主要4部門の受賞者を発表しました。受賞者は以下のとおりです。DFA ライフタイムアチーブメント賞(DFA LAA - 浅葉克己氏(浅葉克己デザイン室創設者)、DFAデザインリーダーシップ賞(DFA DLA - 増田宗昭氏(Culture Convenience Club株式会社代表取締役社長)、DFA世界優秀中華デザイナー賞(DFA WOCD - グオ・ペイ(GUO Pei)氏(Rose Studio創設者)。また、195のプロジェクトがDFAアジアデザイン賞(DFA DFAAを受賞し、幅広いデザイン分野におけるアジア的視点や価値観が紹介されました。

HKDCの会長であるエリック・イム(Eric Yim)教授は次のように述べています。「困難、病、不確実性が溢れる世界において、デザインは私たちの心、家族、地域、経済を癒す媒体だと言えるでしょう。環境が厳しくなるほど、良いデザインが求められます。香港デザインセンターは20周年を迎え、今回のDFA ライフタイムアチーブメント賞(DFA LAA)、DFAデザインリーダーシップ賞(DFA DLA)、DFA世界優秀中華デザイナー賞(DFA WOCDは、豊富な経験を持つ卓越したデザイナーの功績を称えることで、私たちに新しいインスピレーションと勇気を与えてくれます。受賞者の皆様にお祝いを申し上げるとともに、デザインは人類が問題を解決し、社会の変化を促し、生命の美しさを再認識する手助けになると確信しています。」

DFA ライフタイムアチーブメント賞(DFA LAA

Katsumi-ASABA.jpg
浅葉 克己
浅葉克己デザイン室
創設者

1940年生まれ。東京在住のアートディレクター、書道家。アジアの豊かな文字文化に魅せられ、その文字と視覚表現の関係を探求しています。

桑沢デザイン研究所を卒業後、株式会社ライトパブリシティを経て、1975年に浅葉克己デザイン室を設立。アートディレクターとして、日本の広告デザイン史に名を残す作品を多数発表しています。卓球6段。

DFA LAA 2022では、伝説的なアーティスト、デザイナーとして様々な分野で活躍する浅葉氏の功績が称えられ、特別功労賞が授与されました。

DFAデザインリーダーシップ賞(DFA DLA


Muneaki-MASUDA.jpg
増田 宗昭
Culture Convenience Club株式会社代表取締役社長

1951年、大阪府出身。現在、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)株式会社代表取締役社長兼CEO。

世界最大のアートブックストアを目指し、創業以来、ライフスタイルの提案に力を注いできました。「個人の時代」の到来を見据え、居心地の良い空間、本のリコメンド、オフィス機能など、個人間のコミュニケーションを促進するシェアラウンジの企画に尽力しています。

DFA DLA 2022では、CCCを世界に名だたる「文化インフラ」を担う企画会社へと導いただけでなく、公共空間や文化施設の新しいデザイントレンドをもリードする卓越したリーダーシップが評価されました。

DFA世界優秀中華デザイナー賞(DFA WOCD

GUO-Pei.jpg
グオ・ペイ
Rose Studio
創設者

ファッションデザイナー、ローズスタジオの創設者。

刺繍の芸術を革新しながらその保存に尽力し、チームを率いて、失われつつあった「王室刺繍」技術を見事に復活させました。「東洋から発見を学び、西洋から実現を学ぶ」というコンセプトのもと、中国の伝統的な刺繍技術とアバンギャルドなシルエットを融合させたクチュールを生み出しています。世界各地にブティックを構える中国初のクチュールメゾン「ローズスタジオ」は、中国の伝統的な刺繍を世界に広め、中国におけるクチュール産業の道を切り開いてきました。

DFA WOCD 2022では、中国の伝統文化を守り、それを現代のデザインに融合させる彼女の貢献が評価されました。

DFAアジアデザイン賞(DFA DFAA

DFA DFAA は、アジアにおける優れたデザインを体現し、社会とデザイン産業の向上に貢献するプロジェクトを表彰することを目的としています。そして、デザインに携わる人材や企業が、自らのデザインプロジェクトを国際的に発表する舞台となることを目指します。

今年度のハイライトは、コミュニケーションデザイン、ファッション&アクセサリーデザイン、プロダクト&インダストリアルデザイン、空間デザインの4部門に加え、新たにデジタル&モーションデザイン、サービス&エクスペリエンスデザインの2部門が新設されたことです。これにより、世界的なデザイントレンドの急速な変化とデジタル化、そして人間中心のデザインという新しい課題に向けて、より幅広いプロジェクトを対象とすることが可能になりました。また、新しい部門は、関連するデザインプロジェクトの可能性を広げ、アジアにおける優れた多様なデザインを、アジア地域において広く認知させることにつながります。

HKDC のエグゼクティブディレクターであるジョゼフ・ウォン(Joseph Wong)博士は次のように述べました。「DFAアジアデザインが、これまでに2000を超える優れたデザインプロジェクトを表彰し、ますます力強く発展し続けていることを本当に嬉しく思っています。この賞は、デジタル&モーションデザインとサービス&エクスペリエンスデザインという2つの新しい分野を創設することにより、絶えず進化するデザイントレンドに対応しました。応募作品には、人間中心の優れたプロジェクトが多く含まれ、また、さまざまな分野からより多くの学際的なアイデアや洞察が寄せられるようになったことを嬉しく思います。今後さらに、DFA DFAAが社会の改善を促進し、持続可能なコミュニティの構築に向けて前進していくことを期待しています。」

Grand-awards.jpg

豊富な経験を持つデザインの専門家からなる国際審査委員会によって、大賞9点、金賞21点、銀賞・銅賞・功績賞165点を含む195の受賞プロジェクトが選ばれました。今年度の受賞は中国が65点で再び最多となり、続いて香港が49点、日本が44点となりました。

DFA香港ヤングデザインタレント賞(DFA HKYDTA

上記4賞とは別に、香港のデザイン界に台頭する新たな才能を後押しすることを目的としたDFA香港ヤングデザインタレント賞(DFA HKYDTAの結果も近日中に発表される予定です。最新のニュースや今後のイベントにご期待ください。

全受賞者リストや高解像度画像を含むDFAアワード2022のプレスキットは、こちらからダウンロードしてください。 https://drive.google.com/drive/folders/17ogsuntGr7LSKC0JidegHZU373d3oeqQ?usp=sharing

Penerbit bertanggung jawab penuh atas isi pengumuman ini
DFAアワードについて (www.dfaawards.com)
DFAアワードについて (www.dfaawards.com)
は社会におけるデザイナーの役割を支え、アジアにおいて大きなインパクトをもたらした優れたリーダーシップやデザインおよびプロジェクトを称えるために、2003年に香港デザインセンターによって創設されました。2005年からは将来性を持った香港の新進デザイナーの表彰も行っています。

DFAアワードは、DFA ライフタイムアチーブメント賞、DFAデザインリーダーシップ賞、DFA世界最優秀中華デザイナー賞、DFAアジアデザイン賞、DFA香港ヤングデザインタレント賞の主要5部門からなるアジアのデザイン賞として国際的な影響力を持つまでに成長しています。

香港デザインセンターについて

香港デザインセンター(HKDC)は、香港特別行政区(HKSAR)政府が香港をアジアの優れたデザイン拠点として確立する上での戦略的パートナーとして、2001年に登記、2002年に創設された非政府組織です。より幅広い分野におけるデザインの戦略的活用を促進すると同時に、デザイン思考によってビジネス価値を創出し、社会的幸福を高めることを使命としています。

私たちは2022年に創立20周年を迎え、「サステナブルなコミュニティをデザインする」というテーマのもと、様々な活動を展開します。

創意香港について

創意香港(CreateHK)は、香港のクリエイティブ産業の発展を牽引するために、2009年6月に香港特別行政区政府(HKSAR Government)によって設立された専門機関です。2022年7月1日以降は、文化体育観光局の下で人材の育成、スタートアップの奨励、市場開拓を中心として戦略的な取り組みを展開し、香港がアジアのクリエイティブの中心都市に位置づけられるよう、環境整備を進めています。創意香港は長年にわたりHKDC主催のDFAアジアデザインアワードのメインスポンサーを務めるほか、香港のデザイン産業振興のためのさまざまなプロジェクトに携わっています。

Disclaimer: Create Hong Kong of the Government of the Hong Kong Special Administrative Region provides funding support to the project only, and does not otherwise take part in the project. Any opinions, findings, conclusions or recommendations expressed in these materials/events (or by members of the project team) are those of the project organisers only and do not reflect the views of the Government of the Hong Kong Special Administrative Region, the Culture, Sports and Tourism Bureau, Create Hong Kong, the CreateSmart Initiative Secretariat or the CreateSmart Initiative Vetting Committee.

SUMBER:

Hong Kong Design Centre

KATEGORI:

Design

DIPUBLIKASIKAN PADA:

26 Oct 2022

Siaran Pers Sebelumnya

LEBIH LANJUT
#Art & Culture #Event & Exhibition

29 November 2022

Hong Kong Design Centre 20th Anniversary Celebration

Hubungi Media OutReach hari ini

HUBUNGI KAMI SEKARANG