暗号資産取引所Bybit、新たにオプション取引の取扱いを開始



ドバイ(UAE) - Media OutReach - 2022年4月26日 - 現在急成長を遂げている世界有数の暗号資産取引所Bybitは、無期限先物契約と限月付き先物契約からなる既存のデリバティブ金融商品に加えて、「暗号資産オプション取引」の取扱い開始を発表しました。

今回新たに登場するオプション取引は、顧客から寄せられたフィードバックに基づいて設計されており、Bybitが目指している「顧客本位の取引ツール」を実現する大きな一歩となります。このリリースによって、Bybitではポートフォリオマージンを通じて、USDCのオプション取引及び無期限契約取引を利用することができるようになりました。これは、マーケットメーカーや機関投資家など投資経験が豊富な顧客向けに、原資産価格やボラティリティに応じて資金利用率を高めるリスクベースモデルを採用しています。

利便性の高いインターフェースやオープンAPI対応などの特長に加え、オプション取引によってヨーロピアンタイプのリニアー·オプション取引にも対応する、完全統合型の取引プラットフォームに進化しました。

暗号資産オプション取引


オプション契約では、原資産の将来価格を米ドル建で推測し、その取引をUSDCで決済することが可能です。先物契約は、予め定められた決済日に取引が行われることが必須であるのに対し、オプション契約は任意であり、オプションが行使されない場合は取引が成立せずに失効します。つまり、レバレッジ取引を行う場合、常に証拠金以上の損失を被る可能性がある先物契約とは異なり、オプション契約は支払ったプレミアム以上の損失が発生することがないため、トレーダーにとって比較的リスクが低い取引タイプといえます。特にショートポジションで取引を行う場合は、レバレッジなしでもこのリスク度合いには大きな違いが見られます。

オプション取引に世界トップ水準の流動性と信頼性を


Bybitは、業界随一の安定性と操作性が高く評価されている暗号資産取引所です。特に取引流動性においてはトップクラスを誇り、年間を通じてシステム稼働率は99.99%を記録し、システムの過負荷やダウンタイムが他の取引所に比べて圧倒的に少ないのが特徴です。取引エンジンのスループットは毎秒10万、ピーク時には毎秒3万件の取引処理実績があります。

流動性は取引所の「生命線」といっても過言ではありません。Bybitの取引プラットフォームは、この高い流動性と最狭のスプレッドを兼ね備えており、激しい価格変動が市場で起きたとしても確実に売買注文を約定することができます。

Bybitの豊富な投資商品と顧客本位の充実したサポートは、暗号資産取引に対して多く抱かれる「ハードルが高い」というイメージを払拭する足掛かりとなっています。今まで暗号資産取引を行ったことがない多くの人々が参入しやすいように、全ての投資家が安心安全かつ円滑に暗号資産を取引できる環境を提供しています。

Bybitの共同設立者兼CEOであるBen Zhou氏は、次のように述べています。

「現在の市場には、残念ながら革新的なオプション商品を提供している暗号資産業者はほとんど存在しません。だからこそ、オプションサービスの導入を求める声は、Bybit内でも非常に大きなものでした。Robinhoodが株式オプションの先駆者となったように、Bybitは暗号資産オプション取引分野を切り開いていきたいと考えています。私たちの最先端のサービスによって、この分野の基準を設定し、暗号資産オプション取引を幅広いユーザー層へ広めることができると確信しています。また、Bybitが誇る世界トップクラスの流動性と信頼性をオプション取引にもたらせることを心から楽しみにしています」。

Bybitについて
Bybitについて
Bybitは、20183月に設立された、世界有数の暗号資産取引所の一つです。超高速マッチングエンジンや充実したカスタマーサポートなど、暗号資産取引のビギナーから経験者まで幅広く、利便性の高いプラットフォームを提供しています。オンライン取引に加え、ステーキングやAPIなどのサービスも取り揃えており、世界600万人以上のお客様にご利用いただいています。Bybitは、レッドブル・レーシングをはじめ、日本のサッカークラブのアビスパ福岡、ドイツのサッカークラブのボルシア・ドルトムント、そしてNAVIAllianceAstralisVirtus.proなどのeスポーツチームのスポンサーを務めています。



詳細についてはBybitホームページをご覧ください:



最新の情報については、Bybit公式Twitterアカウントをご覧ください。










#Bybit



SUMBER:

Bybit

KATEGORI:

Bitcoin|CryptoCurrencies|NFT

DIPUBLIKASIKAN PADA:

29 Apr 2022

Siaran Pers Sebelumnya

LEBIH LANJUT

Hubungi Media OutReach hari ini

HUBUNGI KAMI SEKARANG